一緒に暮らしているハムスターとの日々をつづっています
病院
2010年03月27日 (土) | 編集 |
今日は菜月を連れて病院へ行ってきました。
朝、ごはんをあげたときに見ていたら、後ろ足でカキカキしようとしているのに、足がうまく使えないのか体に届いていないのがわかりました。もしかして、病気のせいでずいぶんと衰えてきているのかなと心配だったのと、左のおめめの調子も良さそうではなかったので。
診てもらって、もっと悪いことが起きているのがわかりました。左側の胸の横あたりに大きなしこりができていることがわかりました。すでにパチンコの玉くらいの大きさです。
毎月、病院で様子を診てもらっていて、先月には気づかなかったので、ここ1ヶ月くらいで急に大きくなったのだと思います。こんなになるまで気がついてあげられなかったなんて、さすがにショックでした。
たぶん、このせいで手足が動かしにくくなっているのでしょう。左のおめめの調子がよくないのも、うまく毛繕いができなくなってきているからかもしれません。
新しくお薬の中身も少し変わりました。少しでもお薬が効いてくれればいいのですが、今までの経験からだとあまり期待はできないのかもしれません。

くるくる

あとどれだけ一緒にいられるのかわからないけど、もう好きなようにさせてあげたほうがいいのかなと思って、なるべくくるくるを置いてあげるようにしました。これは少し前に撮った写真ですが、ちょうど今、起きてきて写真のようにくるくるしています。

なっちゃんには、2歳を迎えさせてあげることは難しいかなぁ‥。

テーマ:ハムスター
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
生まれながらにして
たくさんの不幸を背負ってきちゃったような
そんな子っていますよね。
それは人間でもおなじですけど。

でも、ね、

冷静に論理的に判断して、
まだ可能性が少しでものこっている間は、
お母さんである飼い主があきらめちゃダメ
だと思います。

だって、一番スキな人にあきらめられちゃ
そんなに悲しいことはないじゃないですか。

私はペットの安楽死を考える人だけど、
それでも、戦って力尽きてもう痛いだけって
状態になるまでは応援し続けます。
だってペットには無痛治療がないんだもん。

勇気をだして、あきらめないで、NEKOさん。
でも、自分一人で抱えるのはツライもんね。
ブログだけにして、菜ちゃんには内緒ね。
菜っちゃんが悲しむよ。

この世の中には奇跡もあるじゃない。
奇跡の体験者がたくさんいるってことが
その証拠でしょ?希望を捨てないで。
2010/03/27(Sat) 22:10 | URL  | ビショップ #nLnvUwLc[ 編集]
しこりですか・・・。
悪く考えるのはよくないことだと思いますが、やっぱり最悪のことも考えてしまいますよね。
長く飼っていると、その辺が見えてしまうのも悲しいです。
でも、どんなことがあっても、一緒にいられるうちはってね。
前向きに行きましょう。
今までもがんばってきたなっちゃんですもの。
2歳は難しいなんて、ミラクルもおこしちゃうかもしれないですよ。
応援しています!
2010/03/28(Sun) 15:06 | URL  | Sacchan #-[ 編集]
菜月ちゃん、腫瘍があったんですね・・・。
保定したとき、顔と下半身と四肢の先の方はよく見えますが
(私はヘタなので全然見れませんが)
胸の方だと毛がふわふわで見難いですから仕方の無いことだと思います。

我が家のりゃんぺいは、2歳過ぎから胸の辺りに固いものがあり、
右足の骨折は腫瘍によるものの可能性が高く、
事実予後が悪くかなり肥大化しましたが、ずっと走り続けましたよ^^

菜月ちゃんもいっぱい走りたいと思ってるはずですから、出来ることならクルクルをいっぱいさせてあげてくださいね。

今、1歳8ヶ月半ですね。
2歳に拘らずに、菜月ちゃんらしく生き抜けるよう、見守っていきましょう。

小さいなっちゃん。
病気に負けないよう、
美味しいものいっぱい食べて、
いっぱい楽しく生き抜こうね!
2010/03/28(Sun) 21:38 | URL  | こは #TkSw/e0A[ 編集]
こんばんは。

>ビショップさん
ありがとうございます。
あきらめる、あきらめないということよりは、お別れが現実として感じられてしまってなんだか寂しい気持ちです。もちろん、最後までしっかり面倒を見てあげるのは変わらないのですけど。
ハムちゃんにとって飼い主ってどういう存在なのでしょうね。
大好きななっちゃんに少しでも奇跡が起こってくれたら‥ほんとにそう思います。

>Sacchanさん
知識や経験はたくさんあったほうがいいけど、それが気持ちに足をひっぱることもありますね。獣医さんにできることは小さなハムスターだと限られてしまうのが残念です。
なっちゃんには少しでも楽しく、らくに過ごしてもらえたらと思います。
最後までうちの子なのは変わらないから、大事にしてあげたいです。
応援、ありがとうございます。

>こはさん
毎日お薬を続けていていつも見ているはずなのに気がついてあげられませんでした。
りゃんぺいくんも腫瘍を抱えていたかもしれないのですね。
それでもいっぱい長生きして、えらかったですね。
お別れしたばかりなのに、コメントをくださりありがとうございました。
回し車を置いてもらってうれしいのか、たくさんくるくるしているようです。
なっちゃんにはおいしいものいっぱい食べて、できるだけ楽しく過ごしてもらえたらと思います。
2010/03/29(Mon) 21:54 | URL  | NEKO #2sQQXnjA[ 編集]
たとえば、ウマが、疝痛(せんつう)といって、
腹痛をおこすことがあるんです。
腸の動きがとまってしまう病気です。

  草食獣で長い腸をもつウマにとって
  疝痛は命取りにもなるんです。

  注射をうったり、温かい浣腸をしたり、
  獣医師が医学的治療の限りを尽くしても
  七転八倒して苦しんで死んでしまうことも
  すくなくありません。

でも、人間が、一晩中添い寝して、
ウマのお腹をさすってマッサージして
温め続けたら治ったってこともあるんです。

  添い寝してマッサージするなんて、
  ウマが、人間を生活の一部として認めて
  受け入れているからこそできること。
  信頼関係なんですよね。

ハムスターと人間もそうだと思います。
ハムちゃんにとって飼い主は生活の一部、
信頼関係そのものなんですよ。

ペットと仲良しになるってことは、
信頼関係をつくることに他ならないんです。

だから、飼い主は、ペットと結んだ、
その信頼関係を裏切ってはならない。
そんな裏切り行為をしてはならないんです。

自分から欲しいと願って結んだ信頼関係を
裏切るなんて、そんな残酷な行為はない。
それこそ重大な動物虐待だといえます。


NEKOさんもつらいと思うんですけど、

気持ちは察するに余りあるんですけど、

最後まで、菜っちゃんが安心して信頼できる
そんな飼い主でいてほしいと思うんです。
私も応援してます。勇気をだしてください。
2010/03/30(Tue) 09:21 | URL  | PS.ビショップ #nLnvUwLc[ 編集]
アンヨの病気にも負けずに頑張って来た菜月ちゃん
今度は、しこりですか…。神様は意地悪ですね。
気付けなかったNEKOさんのお気持ちも分かりますが
本当に分からない・気付けない事もあると思うんです。
だからご自分を責めないで、今まで通り、菜月ちゃんと
二人三脚で頑張って下さい。
菜月ちゃんは頑張り屋さんだから、2歳の
お誕生日も迎えられるかもですよ。
私は菜月ちゃんの頑張りを応援すると共に
菜月ちゃんの頑張りに期待しています。
2010/03/30(Tue) 15:32 | URL  | ちえ #-[ 編集]
こんばんは。
お返事が遅くなってすみません。

>ビショップさん
お馬さんにそんなことがあるのですね。
言葉の通じない動物と信頼関係が築けるというのはすごいことですね。
なっちゃんと信頼が築けているのかわからないですが、自分ができることはしてあげたいと思っています。心遣い、ありがとうございます。

>ちえさん
応援ありがとうございます。
手足の病気だけでも十分なのに、それ以上の病気になってしまうなんてかわいそうだなと思います。でも、そんなこととは関係なく、いつも一生懸命生きているんですよね。
お薬はストレスになってしまうけど、スタミノンでごまかしながらがんばってもらっています。
2010/04/04(Sun) 21:04 | URL  | NEKO #2sQQXnjA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック