一緒に暮らしているハムスターとの日々をつづっています
反省
2009年01月12日 (月) | 編集 |
最近、菜月の調子もよさそうなので、少し長目に回し車を入れてあげてみても大丈夫かなと思って、週末に試しに一晩だけ入れてあげたのですが、失敗だったようです。
次の日に菜月の手足を見たら、腫れが少しひどくなっていました。久しぶりの回し車でうれしくて、たくさん回していたのでしょうか。

手足の様子をよく見ようと、お薬をあげるときに触ってみたりしたら、かなり強くチュ~と鳴かれて嫌がられてしまいました。もしかしたら痛みがあったのかもしれません。
その日は昼間ほとんど外に出てこず、後で見たらティッシュにしみができていたので、トイレも巣箱の中でしてしまったようです。

菜月には悪いことをしてしまいました。もう少し考えてあげないといけないのに、飼い主の考えが足らなかったようで、反省しています。しばらくは回し車を入れないで、腫れが改善されるまでお薬で様子を見ようと思います。

うまうま

ちょうど今の時期、スーパーで生のグリーンピースが売っているので、買ってきて茹でてあげました。おとうふは一番先に食べてくれましたが、茹でたグリーンピースはなぜか口をつけようとしてくれません。ミックスベジタブルのグリーンピースはいつもほっぺに入れて持ち帰っているのに、どうしてかな‥と思い、皮をむいてからあげてみたらしっかりとほっぺに入れていました。皮の厚さの違いだけではないと思いますが、同じ食べ物とは思わなかったということなんでしょうね。
テーマ:ハムスター
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
やっぱり回し車は駄目だったんですね・・・。
怪我をしていても回しちゃうコ達だから。
なっちゃんも自分で少しよくなったと思って、遊びすぎちゃったのかな?
大好きな回し車で走らせてあげられない、走らせると腫れがひどくなる・・・。
葛藤ですね。
ひとまず、早く腫れが落ち着きますように。
よくなったら、NEKOさんが監視している上で数分ずつ回し車を入れてみては?
2009/01/12(Mon) 22:52 | URL  | Sacchan #-[ 編集]
やっぱり菜月ちゃんには
厚めのウッドチップが良さそうだと
思うんですけど、どうでしょう?

ウッドチップに埋まって寝ると
無重力状態な感じで
体重をウッドチップが支えてくれるし、

毎日掘り返してあげるとフワフワだし、

でも、いつも歩く場所は、
踏まれてけっこう堅くなって歩きやすいし。

ぜひぜひ、おためしあれ。
2009/01/13(Tue) 22:20 | URL  | ビショップ #nLnvUwLc[ 編集]
こんばんは。

>Sacchanさん
たまに30分~1時間ほどは入れてあげていましたが、少しだけなら大丈夫だったのかもしれないですが、一晩は長すぎたようです。
ハムちゃんは気をつけてあげないと無理をしちゃうから、加減が難しいですね。
よくなったら、また少しだけはときどき入れてあげようかと思っています。

>ビショップさん
シュレッダーした紙も2cmくらいはケースの面積の半分敷いてあげているので、ときどき潜ったり、掘り返したりはしているようです。巣箱の上とかに登って飛び降りるときのクッションにも少しなっているようです。
ウッドチップとどちらがいいのかはわからないですが、ふわふわ感はウッドチップのほうがありそうですね。
2009/01/14(Wed) 22:06 | URL  | NEKO #2sQQXnjA[ 編集]
そっかぁ、クルクルはしばらくお休みですね。
動物って痛みをかばうより
痛くても遊んでしまうんですね。
飼い主としては少しでも楽しくって思う親心も
病気してると判断が難しいですよね~
実は自分のこと言ってたりして^^;
生グリンピース!食べてくれて良かったですね♪
うちは相変わらずミックスベジタブル愛用者です(笑)
菜月ちゃんしばらく大人しくしていようね(^-^)/
NEKOさんも気を落とさないで頑張ってください!
2009/01/15(Thu) 09:11 | URL  | ももくり #roQQ6XZo[ 編集]
ももくりさん、こんばんは。
ハムちゃんは痛みを感じにくいと言われているから、余計なのかもしれませんね。
楽しく暮らせるようにしてあげたいけど、悪くなるのも困るしで、難しいですね。
ももくりさんも病気の猫ちゃんがいるから大変ですね。
生が出回るときは、そっちのほうがおいしいかなと思って買ってきてあげています。
励ましてくださって、ありがとうございます。
2009/01/15(Thu) 21:37 | URL  | NEKO #2sQQXnjA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック