一緒に暮らしているハムスターとの日々をつづっています
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年11月25日 (月) | 編集 |
とりあえず、トイレの入り口の所に厚さ1cmくらいの木を利用した台を置いてあげました。

トイレ

最初は、「なんだろう、これは‥?」という感じでカジカジしようとしていましたが、ちゃんとちっこしてくれているようです。まあ、囓ろうとしても固い物を食べないようになっているので、囓った木くずが落ちている‥なんてことはないだろうと思っていますが。あとは、この台の上でちっこされなければいいかなぁと。

これでもトイレの出入りに苦労するようになってきたら、透明な蓋を取ろうと思っています。蓋がないと、お砂場でケリケリされると砂が飛び散る(ときどきケリケリしている)ので、まだ取るのはできないですが。
テーマ:ハムスター
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
年齢とともに、いろいろ工夫してあげないといけなくなりますよね。
我が家ではぷーすけの時に、衣装ケース全体をダンボールだったかで底上げして、トイレを埋め込む感じにしたことがあります。
それ以降はトイレのフタを取ったくらいかな。
フタを取ると、出入りが楽になるけど、確かに砂が外に出ることもありますね。
2013/11/27(Wed) 11:29 | URL  | Sacchan #-[ 編集]
Sacchanさん、こんばんは。
老ハムになったら、少しでも暮らしやすくなる工夫をしてあげたいですね。真菜はほとんど目が見えていないので、レイアウトを変えるなどはあまりしないほうがいいと思っていますが。
衣装ケース全体を底上げって、けっこう大がかりなことをされたことがあるんですね。ごるよりジャンのほうが蓋がないと砂がいっぱい飛び散って大変な気がします。
2013/11/27(Wed) 20:55 | URL  | NEKO #2sQQXnjA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。